ファイルをパスワード付きで保存する【Excel】

Excelファイルをパスワード付きで保存する方法です。

名前を付けて保存

新しいファイルを保存するときに必ず表示する画面ですが、すでにパスワードなしで保存済みのファイルでも、あとから名前を付けて保存でパスワードを付けることもできます。

①ツール → 全般オプション

名前を付けて保存

(Excel2016では、その他オプションから)

その他オプション

②パスワードを入力し(読み取りパスワードだけでもOK)、OK

パスワードを入力

③確認のため、再度パスワードを入力し、OK

パスワードを確認

④書き込みパスワードも設定した場合、ここでもう一度書き込みパスワードを入力し、OK

書き込みパスワードの確認

⑤この画面に戻るので、保存

保存

これでパスワード付きで保存できました。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク