印刷されないメモをつけたい

Excelファイルにメモをつけたい場合、どうされていますか。

自分用に覚え書きや共有ファイルへの連絡事項などの場合、画面には表示してほしいけど印刷されたら困りますよね。

そんなときは、「コメントの挿入」や「印刷範囲」の範囲外のセルに入力することで印刷されないようにメモを入れることができます。

今回は、「コメントの挿入」と「印刷範囲の指定」についてです。

関連記事 Excel

コメントの挿入

1.セル上で右クリックし、「コメントの挿入」

2.この枠内にメモを入力します。

コメントに文字を入力

※ここで表示される名前は、ファイル → オプション → 基本設定 → Microsoft Office のユーザー設定 のユーザー名にある名前です。

そこを変更すると、コメントで表示される名前も変更できます。

3.入力後、このようにコメントが表示されないときは、セル上で右クリック → 「コメントの表示/非表示」で表示されます。

コメントを表示しない

コメントの表示・非表示

※コメントは、デフォルトで印刷されない設定になっていますが、印刷することもできます。

↓こちらの記事をご覧ください。

コメントを印刷するには【Excel】

印刷範囲の設定

1.印刷したいセルを範囲指定した後に、ページレイアウト → 印刷範囲 → 印刷範囲の設定

印刷範囲の設定

印刷範囲は薄い色の線で囲まれますので、それ以外の場所に入力されたものは印刷されません。

以上です。

関連記事 Excel

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク