Windows11 クイックアクセスがナビゲーションウィンドウから消えた

Windows11でエクスプローラーを開くと、Windows10ではナビゲーションウィンドウの一番上に表示していた「クイックアクセス」が表示されません。

その代わりというか「ホーム」という表示があります。

「ホーム」は、クイックアクセスとお気に入りを表示できる場所のようです。

クイックアクセスにはフォルダーをピン留め、お気に入りにはファイルを追加できるということで、よく使う「フォルダー」と「ファイル」を同時に見ることができるのは便利ですね。

でもナビゲーションウィンドウは、フォルダーを表示する場所だと思うので、ホームの下に「クイックアクセス」と「お気に入り」をツリー表示にしてくれたらよかったのに。

しかも、ピン留めするときは「クイックアクセスにピン留めする」なのに、ナビゲーションウィンドウに「クイックアクセス」という言葉がなく、「ホーム」に直接ピン留めされてるじゃないですか。

これだったら、ピン留めするときも「ホームにピン留めする」って言葉に変えてよーと思いました。

愚痴ってしまいましたが、Windows10との表示の違いでお困りの方に参考にしていただければと思います。

以上です。

関連記事 パソコン全般

スポンサーリンク



フォローする

スポンサーリンク