源泉所得税納付だけなら電子証明書なしで始められる【e-Taxソフト(WEB版)】

毎月(もしくは半年に一度)の源泉所得税納付には、e-Taxソフト(WEB版)が便利です。

源泉所得税納付だけに利用するなら電子証明書なしで簡単に始められますし、インターネットバンキング契約がない方でもダイレクト納付を申し込めば外出せずに納付が可能です。

ダイレクト納付を申し込まなくてもe-Taxで送信後に発行される番号があれば、銀行のATMから納付することも可能です。

今回は、利用開始までの手順をまとめてみました。

※利用開始後の納付手順については↓こちらの記事をご覧ください。

源泉所得税は外出せずに納付できる!【e-Taxソフト(WEB版)】

関連記事 経理業務全般

e-Taxソフト(WEB版)開始届出書提出

オンラインで開始届出書を提出します。

手続き完了のお知らせ等が届くようメールアドレスの登録をおすすめします。

1.↓こちらの該当のボタンからはじめます。

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー 【届出書の選択】|e-Tax

2.※必須の項目だけ入力 → 「次へ」

氏名等の入力

3.ここでも※必須の住所を郵便番号から入力(提出先税務署は自動で表示されます) → 「次へ」

納税地及び提出先税務署の入力

4.暗証番号、納税用確認番号、メールアドレスの入力 → 「確認」

※e-Taxからメールでお知らせが届くと便利ですのでメインメールアドレスの登録をおすすめします。

暗証番号、納税用確認番号、メールアドレスの入力

暗証番号、納税用確認番号、メールアドレスの入力2

5.「OK」

利用者番号発行確認メッセージ

6.入力内容を確認 → 「印刷」か「保存」 → 「送信」

入力内容の確認

入力内容の確認2

7.「OK」

送信確認メッセージ

8.利用者識別番号(ID)が発行される → 「印刷」か「保存」

利用者識別番号等の通知

これで利用者識別番号(ID)を取得できました。

2.「利用者識別番号」が取得できたら、ログインしてみましょう。

※ログイン後の納付手順については↓こちらの記事をご覧ください。

源泉所得税は外出せずに納付できる!【e-Taxソフト(WEB版)】

ATM、インターネットバンキングから納付

e-Taxで送信後に発行される番号があれば、ATMインターネットバンキングからペイジーで納付できます。

もっと便利なのがダイレクト納付

体験版の「ダイレクト納付で納税しよう」にあるように、電子納税の「今すぐに納付される方」か「納付日を指定される方」を押すことで登録した口座から引き落としてくれるサービスです。

インターネットバンキングにログインする必要なく納付でき、インターネットバンキング契約がない方もダイレクト納付を利用すれば外出せずに納付できます。

1.ほとんどが利用可能とは思いますが、念のため次のリンクから申し込める口座かどうか確認しましょう。

利用可能金融機関一覧|国税庁

2.確認できたら、申し込みの準備をしましょう。

この手続きはWEB上ではできませんが、届出用紙に記入が済んだら所轄税務署宛に郵送で手続きができます。

↓届出用紙はこちらから

http://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu/pdf/24100030_2-2.pdf

↓記入例

http://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu/pdf/24100030_4-2.pdf

3.手続きが完了すると、届出書提出から約1ヶ月後にメールが届きます。

e-Taxソフト(WEB版)のメッセージボックスで「ダイレクト納付口座の手続完了に関するお知らせ」というメッセージを確認してください。

そのメッセージを受信した日以降に送信したデータ分から「ダイレクト納付」が利用可能となります。

e-Tax利用時間

e-Taxの利用時間は↓こちらから確認してください。

e-Taxの運転状況・利用可能時間|e-Tax

申込後の納付方法などは↓こちらの記事をご覧ください。

源泉所得税は外出せずに納付できる!【e-Taxソフト(WEB版)】

以上です。

関連記事 経理業務全般

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク