データ容量の減りが早いと感じたら・・・【iPhone】

月末近くなるとデータ容量が足りなくなって困っていませんか。

「Appのバックグラウンド更新」の設定がWi-Fiとモバイルデータ通信になっていると、モバイルデータ通信時にも更新されてしまい、データ容量の減りを早める原因のひとつです。

その設定をWi-Fi接続時にのみ更新する状態にするといいですよ。

関連記事 iPhone

設定方法

1.「設定」

設定

2.「一般」

一般

3.「Appのバックグラウンド更新」

Appのバックグラウンド更新

4.再度「Appのバックグラウンド更新」

Appのバックグラウンド更新のタイミング設定

5.「Wi-Fi」を選択。

Appのバック府ラウンド更新はWi-Fi時のみ

これでモバイルデータ通信時には自動更新しなくなるので、データ容量の減りを抑えることができます。

画面下の方に表示しているAppのオンオフはすべてONにしましょう。

Wi-Fiに設定している状態でオフになっているAppは、モバイルデータ通信時に自動更新されてしまうようですので注意が必要です。

更新方法

自動更新をしない設定にしたので、手動で更新します。

1.Wi-Fi環境にいるときに「App Store」を開く。

App Store

2.更新が必要なアプリ数が表示している画面下の「アップデート」をタップ。

アップデート必要数表示

3.「すべてをアップデート」をタップで更新できます。

以上です。

関連記事 iPhone

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク